ゆったり過ごせる

バス

夜行バスを快適に利用

夜行バスは、夜にバスに乗り込むと、翌朝には目的地に到着できるということで、時間を有効利用できるというだけではなく、金額的にも他の交通手段と比較して、レンタカー並に安く利用できるため、非常にお得になっています。これまで、夜行バスのイメージとしては、どちらかというと、狭い社内で長時間揺られている、というイメージが先行しがちでした。しかし、実際に社内に入ってみると思うのは、路線バスとは全く別の乗り物と考えて間違いないといえます。ほとんどの座席は、独立型になっており、前後左右の距離を十分に確保できております。より快適に過ごすためには、事前にお風呂に入って、ゆったりした気分ですぐ寝ることを心掛けておくとよいでしょう。また、枕が気になるという人は、飛行機用のエアー枕や、明かりが気になる人はアイマスクを持参するなど、対策グッズがあれば、ますます快適に過ごせます。自分らしさを守って快適空間を作りましょう。

夜行高速バスの価格について

夜行バスの路線については、地方都市と大都市、大都市と大都市を結んでいることが多くあります。これは言い換えれば、飛行機、新幹線といった交通手段と同じ路線であることを意味しております。通常、東京、大阪間は飛行機では往復3万円以上かかります。一方、新幹線であれば、自由席であれば、2万7000円程度になります。これで、お盆、正月など家族で移動するとなると、交通費だけで、10万円を超えることも珍しくありません。それが、夜行バスを利用した場合には、業者により、若干の違いはあるものの、往復17000円程度で済むのです。さらに、価格だけではなく、夜に乗って朝に現地に到着できることから、レンタカーのように時間も有効に使うことができるというメリットもあります。